てんのわらべ

天童幼稚園・天童保育園(認定こども園 長崎市古賀町1553-5)の子どもたちの毎日をお届けします

クリスマスの製作

発表会が終わり、今日から体操教室が再開しました。本格的に冬が到来した今だからこそ、園庭で身体を動かして寒さに強い身体を作っていきます。

さて、年長組さんがなわとびで身体を温めていること、先に体操教室を終えた年中すずらん組さん達はお部屋でクリスマスの製作に取り組んでいました。

サンタさんのブーツをモチーフに折り紙と毛糸で飾りつけていきます。

折り紙を作ったらクレヨンで顔を書き込んでいきます。それぞれ個性たっぷりのサンタさんトナカイさんができあがっていきました。

そのあとは土台になるブーツ作り。事前に穴の開けてある厚紙に好きな色の毛糸を通して飾り付けていきます。さぁ、うまく毛糸を通せるでしょうか?

クリスマスまでに製作に取り組んでいきます。完成が楽しみですね!

 

 

 

クリスマスの楽しみは!

冬の寒さに切り替わって、発表会を終えた園舎は一気にクリスマスモードです。

ロビーには早速クリスマスツリーが飾られて園舎を彩っていますが、二階や各お部屋にも大小様々のクリスマスツリーが登場しています。

年中たんぽぽ組さんの黒板にはかわいい布製のツリーが飾られていましたが、そのお部屋では二階のクリスマスツリーの飾り付けが始まっていました。

部屋に運び込まれたツリーの隣で栞奈先生が準備したビニール袋を開けると、ツリーの飾りがたくさん飛び出してきました。

たくさんのキラキラの飾りが登場して、子どもたちはとても盛り上がりました。

さっそく交代でツリーに飾り付けていきます。たくさんの飾りにいくらつけても終わりません。

最後にはツリーのてっぺんに大きな星を飾って…

最後はフロアに運んで電飾をON!みんなで飾り付けたツリーがピカピカと輝き出しました。

そうそう、Merry Christmas!の飾りも忘れずに!

さて、ここ長崎でも雪は降るのですが、山間部でもなければなかなか雪が積もるというところまではいかず、雪合戦ができるかどうかは子どもたちにとって毎年の関心事です。さぁ、今年はホワイトクリスマスということになるでしょうか?!

朝活!

発表会を終えた子どもたちは玄関の写真をみんなで眺めたり、他のクラスの発表の歌を口ずさんだりしながら行事を振り返っています。

行事前に急に季節が「冬」モードに切り替わりましたが、年少いちご組さんたちは「朝活」を再開して寒さに負けないように思いっきり身体を動かしています。まずはみんなでマラソン、次に対抗リレーに取り組みました。

運動会から二ヶ月がたち、年少組さん達の体格もずいぶんしっかりとしてきました。発表会を通して表現力も豊かに成長した子どもたちと一緒に、園は今度はクリスマスモードになっていきます。

生活発表会

令和4年度の生活発表会を無事終了いたしました。

再び新型コロナウイルス感染症の流行が増加傾向にあるなかで、昨年同様に保護者の皆様には人数制限等のご協力をお願いしたうえで、12月2日(金)と3日(土)の2日にわけての実施となりました。

「生活発表会」という行事の名前は主に幼稚園や保育所といった幼児教育・保育施設で使われるものです。そこには「発表」を目的とするものではなく、日々の子どもたちの生活が大事であって、運動会の終了後のこの二ヶ月に子どもたちが表現の世界をおおいに遊んできたことが主眼なのだという思いが込められています。


参観の保護者のみなさまにおかれましては舞台の子ども達をあたたかい笑顔と拍手で支えていただきありがとうございました。おかげでこの二ヶ月の取り組みの区切りとなる発表会を子ども達はリラックスした雰囲気のなかで迎えることができ、それぞれの舞台の中でしっかりと自分を表現できました。

年少さんのダンスや劇遊び、年中さんの劇、そして年長組さんのオペレッタ。各学年の合唱・合奏、それぞれが本当に素敵な発表で、時間はあっという間に過ぎていきました。

この発表会での子ども達の成長を、また日々の保育と次の行事につなげていきたいと思います。

二学期もあと少しですが、まだまだたくさんの楽しい活動が子どもたちを待っています。これからも天童幼稚園・天童保育園の教育・保育活動にご理解とご協力をどうかよろしくお願いいたします。

ネコさん山(園庭の様子

年長・年中組さんたちが砂場につくった大傑作アート「ネコさん山」です!

このまましばらくとっておきたかったのですが、芯材として中心にバケツなどが埋め込まれていて、このままでは他の子達が使えません。代わりに記念写真をパチリ!とても素敵な一枚になりました。

もうそろそろ12月なのですが、まだまだ秋を思わせる暖かさで、裏山のシイの木もどうしたことか、まだまだたくさんの実を落としています。子どもたちは毎日ビニール袋がいっぱいになるほど集めて回っていますよ。

園庭のイチョウの木もたくさんの葉っぱを落としてきて、子どもたちは「花束」をつくって遊んでいますが、実は手前のイチョウの木はまだ青々としていて、葉っぱをおとすのはまだ先になりそうです。

そんな天童の様子ですが、今週の半ばから冷え込むとの予報です。週末の発表会に向けて、みんなが元気にそろって表現ができますように!とお祈りしています。

 

 

オープニング!

発表会の練習が各クラス盛り上がっていますが、いよいよ少しずつ全体の練習にも取り組み始めます!

今日は発表会の「オープニング」の練習です。発表会の冒頭では、各学年でステージに登場してお客様にご挨拶しますが、その流れを体験します。

年長組・年中組さんは当日の衣装を着て登場!朝からとっても盛り上がっています。

お遊戯室で一番最初の登場を待っている年少組さん達だってワクワクしながら出番を待っています。お兄さん・お姉さん達が揃うのを待っている間に、さっそくお歌が始まってしまいました!だれも緊張なんてしていませんよ!

さぁ、みんなが揃って、オープニングの練習の始まりです。ステージに勢揃いして、会場のみなさんに元気にご挨拶します。

年長組のお兄さん・お姉さん達の代表のお言葉もしっかり発表できました。

物語の世界やダンスでの取り組みを通して、子どもたちの表現が少しずつ幅を広がっていきます。発表会まであとちょうど3週間です。当日の舞台でどんな姿を見せてくれるのか、いまから本当に楽しみです。