てんのわらべ

天童幼稚園・天童保育園(認定こども園 長崎市古賀町1553-5)の子どもたちの毎日をお届けします

新春お茶会

16日(火)に年長さん達が年中さん・年少さんをお招きしてお遊戯室で新春お茶会を開きました。

年中さん・年少さんは事前にお部屋で作法を教えてもらって「お茶の心」をお勉強&練習して、楽しみにしていた当日を迎えました。

特に年少さんはお茶菓子もお茶もはじめての経験です。みんなドキドキしながらのお茶会参加となりました。

これまで味わったことのないお抹茶はちょっぴり「大人の味」がしたようです。

お兄さん・お姉さんたちのお点前はとっても格好良かったです。松田先生、ご指導ありがとうございました。

年長さん達は次は保護者の皆様をお招きしての卒園お茶会に向けて頑張ります。

お正月遊び

新年を迎えて、凧作り羽根つきごっこカルタ福笑いといったお正月遊びで盛り上がりました。

年中さんの羽つきごっこはなかなか思うように飛ばすことができなかったのですが、日に日に腕を上げていったようです。

年長さん達は合同で新春のカルタ大会を楽しんだのですが、そのあと年長さん達の間でカルタブームが起こって、各クラスでも熱い戦が繰り広げられていました。

年長さんも三学期になればことばや文字への関心が高まっていますし、自分がとった札の枚数を数えることで数字への意欲が湧いてきます。伝統遊びのなかにも子どもたちの自然な学びがたくさんつまっています。

初詣

一年の計は元旦にありといいます。園舎にお友だちが集合する始業式の日を元旦に見立てて、始業式のあと、年長・年中さんたちは裏山の中腹にある山王神社へ初詣に行きました。

すでに家族での初詣を済ませていた子どもたちは正しい参拝の仕方を知っていて二礼、二拍手、一礼を「こうやるんだよ!」と話してくれました。

神社につながる長くて急な階段をお友だちとお話ししながら息切れすることもなく登り切る子どもたちの体力に驚かされました。

年長さん達はもうすぐ小学校への就学を、年中さん達は最高学年に進級します。私たちを見守ってくださいという子どもたちのお祈りは真剣でした。

最後にはご神木にパワーをたくさんいただき、元気モリモリの子どもたちです。

後日、年少さん達もお参りにいきましたよ!

 

新年最初の園庭遊び

明けましておめでとうございます。令和6年も天童幼稚園・天童保育園をよろしくお願いいたします。

年末年始を挟んでしばらく静かだった園舎にも子どもたちの元気な声が戻ってきました。

お部屋では登園してきた年長さん達が製作に取り組んでいますが、いったい何を作っているのでしょうか?

ビニール袋にお絵かきをして、できあがったのはお正月ならではの「凧」でした。さっそく園庭に飛び出して凧揚げです!

うまく風をつかまえようとして、手を上げる高さを工夫しながら園庭を走り回っていました。

年中さん達の凧はゴム風船でできています。

こちらも元気いっぱい、お友だちと笑顔で園庭を駆け抜けていきました。

いよいよ週が変われば新学期を迎えます。全員集合した子どもたちと一緒に、この時期ならではの活動をたくさん楽しみたいと思います。

 

年末のごあいさつ

2023年も残すところあとわずかとなりました。

保護者・関係者の皆様におかれましては今年も当学園の幼児教育・保育活動にたくさんのご協力をいただきありがとうございました。

園児たちの笑顔の絶えない一年を過ごすことができましたのは皆様のご理解とご支援のおかげです。どうか新年も変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げます。

天童幼稚園・天童保育園の年末年始の閉園期間は2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水)です。

新年は1月4日(木)より開園(※4日は愛情弁当の日です)となります。


来年も皆様にとって良き一年でありますようにお祈り申し上げます。年明けに子どもたちの元気な笑顔と再会できることを職員一同楽しみにしています。

それではみなさまよいお年をお迎えください。

 

学校法人金丸学園 認定こども園
天童幼稚園・天童保育園 職員一同

 

年内最後の園庭遊び

明日からは年末年始休暇に入りますので今日が令和5年最後の開園日です。子どもたちは最後まで元気いっぱいに遊んでいました。

今日の園庭遊びの時間はそんなに長くなかったのですけれども、どろんこ遊び自転車競争おままごとおにごっことあっというまに色んな遊びが展開して、子どもたちは本当に遊びの天才です。

みんなで元気いっぱいに2023年を締めくくりました。

子どもたちが室内に戻ったあと、先生たちが園庭をお掃除して、これで年末の大掃除もおしまいです。

次に子どもたちが園庭に戻ってくるときには、天童幼稚園・天童保育園は新しい年を迎えています。

プラ板の工作

冬季プレイルーム期間中です。年末に近づくにつれて、登園する子どもたちも少しずつ減ってきているようです。

さて、年長さん達のお部屋をのぞくと、今日はプラ板の工作に取り組んでいました。

プラスチックのごく薄い板にマジックで絵を描いて、それをトースターで焼くと、板はみるみる縮んでいき、堅く、ぶ厚く姿を変えて、絵もそう簡単に消えることはなくなります。

プラスチックの板を焼き始めると、トースターの中でまるで生き物のようにぐにゃぐにゃと動いて、きゅーっと縮んでいきます。その様子が面白くて、みんな食いいるようにトースターのなかのプラ板を見つめていました。

焼き上がったばかりの熱々のプラ板を平らにならして、冷えるまでしばらく待ちます。もともと開けておいた穴にひもを通すと、素敵なアクセサリーが完成しました。

年中さん達は雪だるまのカードを作っていました。ひとつひとつすてきな雪だるまと雪が描かれたカードになっていました。こんどの冬は、みんなのあこがれの雪だるまをつくることができるでしょうか?